沖縄で美味しいホットコーヒーを楽しむ

沖縄な一年中暑い地域だと思う人も多いそうですが、冬はジャンパーが必要なくらい寒いです。そんな時期にはやはり暖かいホットコーヒーが美味しいですよね。

私が毎朝、飲んでいるドリップコーヒーの作り方をお伝えします。味は、モカやマイルドやブレンドコーヒーなどあり、気分によって代えています。まず、コーヒーの種類を選びます。その後、コーヒーのカップを選びます。カップも、季節やコーヒーの種類によってかえたりしています。そして、お湯を沸かします。

あと、時間があればコーヒーを注ぎカップを温めておくのもよいでしょう。カップにドリップコーヒーをセットして、お湯を注いでいきます。そのとき、お湯の温度は100ではなく80から90がおすすめです。

やかんのお湯をまわしながら、ゆっくりじっくりとドリップコーヒーの中にお湯を注いでいきます。コーヒーの粉を蒸らすような感じでゆっくりです。そして、おいしいコーヒーの出来上がりです。コーヒーのお供として、チョコレートやクッキーなど一口サイズのものを用意するとさらにコーヒータイプが楽しくなります。コーヒーは、世界中の人に愛されています。

わたしは、外資系のホテルで働いていたことがあります。外国人の方は、朝ごはんは食べませんがコーヒーは好んで飲んでいるようでした。紅茶だけでなく、コーヒーでしたね。最近は、地方でもコーヒー専門店やコーヒーのチェーン店が増えています。

それだけ、コーヒーの需要があるということと、日本人は緑茶のイメージが強いですが、コーヒーも同じくらい日常生活になじんでいるということでしょう。