簡単に本格的なアイスコーヒーが味わえる「水出し抽出方法」

美味しいアイスコーヒーが飲みたいけど、手間をかけたくない!という方にはは水だしアイスコーヒーが簡単でオススメです。誰がやっても味に大差なく美味しいアイスコーヒーが飲めます。

作り方は、ガラス製の麦茶ポットを用意して、水(我が家では軟水のミネラルウォーター)1リットルに対してコーヒー豆をひいた粉80gを麦茶ポットに入れます。そして水とコーヒー粉をかき混ぜて冷蔵庫で10時間寝かせて完成です。完成したら、コーヒーペーパーで濾します。

これがやや面倒なので、ハリオという会社が出している水だしコーヒー専用のポットが便利です。コーヒーの粉を入れる容器(ストレーナー)が付いているので、濾す作業が無いので時短にもなります。冷蔵庫での放置時間はお好みで変えていいと思います。濃いめが好きなら10時間以上、薄目でごくごく飲みたい場合は8時間程度で大丈夫かと思います。

コーヒー豆のロースト具合は、イタリアン、フレンチ、フルシティあたりの深めの焙煎がおすすめです。あまり浅めの焙煎だと、かなり味の薄いコーヒーになってしまうと思います。イタリアンローストの場合、あまり長時間冷蔵庫に寝かせすぎるとかなりパンチのきいたアイスコーヒーに仕上がってしまうので注意が必要です。我が家では、フルシティローストを10時間が丁度良い濃さです。

近所にもしコーヒー豆の販売店があれば、水出しアイスコーヒー用で、と一言注文すれば深めに焙煎してくれると思います。豆の挽き方は、中粗目~やや細かめがいいです。あまり細かいとコーヒーフィルターが目詰まりします。できれば、水出しアイスコーヒーを作る直前に豆を挽くのがベストです。

沖縄で美味しいホットコーヒーを楽しむ

沖縄な一年中暑い地域だと思う人も多いそうですが、冬はジャンパーが必要なくらい寒いです。そんな時期にはやはり暖かいホットコーヒーが美味しいですよね。

私が毎朝、飲んでいるドリップコーヒーの作り方をお伝えします。味は、モカやマイルドやブレンドコーヒーなどあり、気分によって代えています。まず、コーヒーの種類を選びます。その後、コーヒーのカップを選びます。カップも、季節やコーヒーの種類によってかえたりしています。そして、お湯を沸かします。

あと、時間があればコーヒーを注ぎカップを温めておくのもよいでしょう。カップにドリップコーヒーをセットして、お湯を注いでいきます。そのとき、お湯の温度は100ではなく80から90がおすすめです。

やかんのお湯をまわしながら、ゆっくりじっくりとドリップコーヒーの中にお湯を注いでいきます。コーヒーの粉を蒸らすような感じでゆっくりです。そして、おいしいコーヒーの出来上がりです。コーヒーのお供として、チョコレートやクッキーなど一口サイズのものを用意するとさらにコーヒータイプが楽しくなります。コーヒーは、世界中の人に愛されています。

わたしは、外資系のホテルで働いていたことがあります。外国人の方は、朝ごはんは食べませんがコーヒーは好んで飲んでいるようでした。紅茶だけでなく、コーヒーでしたね。最近は、地方でもコーヒー専門店やコーヒーのチェーン店が増えています。

それだけ、コーヒーの需要があるということと、日本人は緑茶のイメージが強いですが、コーヒーも同じくらい日常生活になじんでいるということでしょう。

冷めてしまったコーヒーの美味しい飲み方

皆さんは、冷めてしまったコーヒーをどのようにして飲んでいますか? 

美味しいコーヒーの温め方をご紹介します。


温める方法として、手間と時間をかけないように、電子レンジで再加熱する人が多いと思いますが、あまりおすすめしません。温める頻度が多くなるたびに、味が劣化していきます。


特にレンジの中を見ることはできないので、ぐつぐつ煮立たせてしまうと気付きにくくなります。
この劣化を防ぐには湯煎をするのがよいでしょう。間接的に温度が伝わることによって、やわらかく加熱することができます。


鍋等に入れて直接温めてしまうと、温度が直接伝わるために、焦げ付いたり香りや味が劣化してしまいます。無理に温めなおす必要のない方は、コーヒーの飲む前に口の中に甘いものを入れてみて下さい。先ほど飲んでいたコーヒーをとは別の味を発見することができます。


ちなみにエスプレッソなどのの深煎りコーヒーにはチョコレートが合います。他にはナッツを使ったお菓子類やフィナンシェのような焼き菓子も相性がよろしいようです。反対に、柑橘類の強い酸味のものは合わないでしょう。ただし乳製品のようなやわらかな酸味は結構あいます。


どうぞ色々と試してみて下さい。

沖縄に来たら食べて欲しいドラゴンフルーツ

日本の南国リゾート沖縄には、暖かな気候により、本土にはないさまざまなフルーツが特産として豊富にあります。

その中でも、ドラゴンフルーツについて詳しく説明します。

ドラゴンフルーツは色が真っ赤(黄色もある)で、緑のヒダヒダがいくつも付いているので、見た目は気持ちが悪いのですが、見た目の派手さ反して、酸味はなく、まったくもってサッパリとした甘味のフルーツです。南国フルーツに多い、独特なクセや強いアクも感じません。

ドランゴンフルーツには果肉が赤いものと白いものがあります。その果肉の中には、細かい種がたくさんあり、それも一緒に食べるので、キュウイフルーツのような食感です。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で低カロリーな健康にいい果物で、抗酸化作用も高いので、アンチエイジングにもオススメです。


大きさは大人の拳大程度なので、手頃なサイズだと思います。ドラゴンフルーツという名前ですが、茎も含めた実のなり方が、龍に見えたことから、”ドラゴン”がつけられたと言われています。

食べ方はシンプルに、包丁で縦に切ってスプーンで掘って食べられます。本場の沖縄では、ミックスジュースやアイスなどの加工品として使われていることが多く、サッパリした甘みが食べやすいです。


ドラゴンフルーツは7月から10月の間が旬なので、その間なら道の駅などで購入できます。おみやげとして持ち帰ることができるのですが、とても傷みやすいので、宅配便で送ることになります。到着からはできるだけ早めに食べてしまうことをオススメしますよ。

暑い沖縄生活にはアイスコーヒー最高

コーヒーは全般的に大好きなので、毎日欠かすことができません。

大体一日に3,4杯はコーヒーを飲んでいます。本当に忙しい時はインスタントコーヒーを飲むこともありますが、ほとんどの場合はお気に入りのコーヒー豆を自分で挽き、ペーパードリップで入れています。

暑い時期には少し手間はかかりますがアイスコーヒーも定期的に入れています。私のお気に入りのコーヒー豆はネパール産のもので、行きつけのコーヒーの焙煎所で直前に焙煎したものを購入しています。ネパール産のコーヒーはこれといって特徴のある味ではないのですが、まろやかで万人受けする味だと思います。

アイスコーヒーを入れる時は、深煎りにしてもらうようにしています。アイスコーヒー用にドリップをするときは、氷で急激に冷やすようにしていますが、コーヒーサーバーの中に氷を入れてしまうと、氷が溶けて薄まってしまうのがなんとなく嫌なので、大きめのボウルに氷をたっぷり入れて、そこにコーヒーサーバーを置き、そこでドリップをして冷やすようにしています。アイスコーヒーは濃い目に入れるのが好みです。

ホットと同じ濃さで入れるとちょっと物足りないように感じます。製氷皿で牛乳を凍らせて、凍った牛乳にアイスコーヒーを注ぐと、しっかり冷えたカフェオレができるので、時々、そういったアレンジも楽しんでいます。コーヒーは唯一の趣味といってもいいので、これからはもっと器具などにもこだわっていきたいと思います。

沖縄からコーヒーとカフェをご紹介

こんにちは。

沖縄の北谷に住んでいるコーヒーとカフェ大好き娘です。

北谷はアメリカンビレッジという大人気のエリアがあるので、今沖縄でとても盛り上がっているエリアです。海沿いにはとてもおしゃれなカフェやコーヒーショップがあるんです。ビーチ沿いで飲むことができる淹れたてのコーヒーはまさにカリフォルニアやサンディエゴに遊びに来たような気分にさせてくれます。

こんなおしゃれな場所からカフェやコーヒーに関する情報を発信して行けたらと思っています。

コーヒーが大好きな人とどんどん繋がることが出来たら嬉しいです。